しずちゃん、故・梅津さんの通夜に参列。大粒の涙

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
大粒の涙を流す南海キャンディーズ・山崎静代

 お笑いコンビ・南海キャンディーズの静ちゃんこと山崎静代が28日、東京・芝大門の増上寺にて執り行われた、今月23日に亡くなった自身のボクシング専属コーチを務めていた梅津正彦さんの通夜に参列し、梅津さんを悼んだ。

しずちゃん、故・梅津さんの通夜に参列。大粒の涙 画像ギャラリー

 恩師の死から5日、憔悴(しょうすい)しきった表情で報道陣の取材に応じた山崎は、「悲しくて仕方がないことには間違いないですけれども、梅津さんがわたしにたくさん遺してくださった財産があるので、わたしもその魂を受け継いで、一生懸命やらないといけないなと思っています」と、ポツリポツリとゆっくりとした口調で、張り裂けそうな胸の内を明かした。

[PR]

 さらに、大粒の涙を流しながら「梅津さんがいなかったらわたしはボクシングをやっていないですし、オリンピックも目指していなかったでしょうし、すごく生ぬるく生きていたと思います」と梅津さんへ感謝の言葉も。

 最後は「精神的に鍛えてくれたので、わたしの体はもう9割は梅津さんでできていると思います。これからも、梅津さんの教えをきっちり体が分かっているので、それを守ってわたしの中に生きている梅津さんとやっていきたいと思います」と気丈に話し、「梅津さんの『しず、強くなったな』と笑顔が見たいので、一生懸命頑張るしかないと思います」と静かに話していた。

 梅津さんは山崎のボクシング専属コーチとして知られているほか、映画『Kids Return キッズ・リターン』や『アウトレイジ』など北野武作品、『あしたのジョー』などでボクシング指導をするアクションディレクターとしても活躍。悪性黒色腫により7月23日に都内の病院で死去した。享年44歳だった。(取材・文:中村好伸)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]