東京国際映画祭がリニューアル!来年以降はアニメを中核にした映画祭に

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
左から、都島信成氏、椎名保氏、西村隆氏

 30日、10月17日より開催される「第26回東京国際映画祭」の第1回記者会見が行われ、コンペティションを除く部門のリニューアルが発表された。アジアの新進作家の作品を紹介していた「アジアの風」部門を発展させる形でアジア・コンペティション部門「アジアの未来」を創設し、第1回当時の「ヤングシネマ・コンペティション」をアジア映画限定という形ではあるものの復活させるほか、これまでの「日本映画・ある視点」部門を「日本映画スプラッシュ」に、「ワールドシネマ」部門を「ワールド・フォーカス」にリニューアルする。

オープニング作品『キャプテン・フィリップス』場面写真

 今年からディレクター・ジェネラルに就任した椎名保氏は、「作品重視の映画祭」をコンセプトに掲げると、26回目となる同映画祭について「先人たちに積み上げていただいたものの中で、継承すべき良いことは続けて、次の25年に向けてやっていきたいと思います」とコメント。「ディレクター・ジェネラル」という自身の肩書きも第1回のときのものを拝借したといい、原点回帰をアピールした。

[PR]

 また、来月開催のベネチア国際映画祭のコンペティション部門に宮崎駿監督のアニメーション映画『風立ちぬ』が出品されることを例に挙げ、「今後の東京国際映画祭では、日本を代表するコンテンツであるアニメというものを押し出していきたい」との展望を明かした。具体的にはアニメーションを対象にした部門の新設を視野に入れているといい、今年は調整が間に合わなかったものの、来年以降はアニメーションを中核に据えた映画祭を目指していくと明言した。

 また、この日の会見ではオープニング作品がトム・ハンクス主演の『キャプテン・フィリップス』に、クロージング作品が三谷幸喜監督の『清須会議』に決定したことが発表。トム・ハンクスが映画祭の開催に合わせて、4年ぶりに来日する予定であることも明かされた。

 この日はほかに、主催する公益財団法人ユニジャパン・事務局長の西村隆氏、同映画祭事務局長の都島信成氏が出席した。また撮影の都合で欠席となったものの、女優の栗山千明が同映画祭の「フェスティバル・ミューズ」に就任することが発表された。(編集部・福田麗)

第26回東京国際映画祭は10月17日~25日に六本木ヒルズをメイン会場に、都内各所にて開催

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]