『ヘザース/ベロニカの熱い日』の続編を描く予定だったテレビシリーズが製作中止!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
これで映画もドラマもなしに... - 1989年の映画主演のウィノナ・ライダーとクリスチャン・スレイター - Todd Williamson / WireImage / Getty Images(右)

 1989年にウィノナ・ライダークリスチャン・スレイターが共演したカルト的人気を誇る映画『ヘザース/ベロニカの熱い日』の続編を描く予定だったテレビシリーズの製作が中止になったことが、The Hollywood Reporterほか複数のメディアによって明らかになった。

 この続編は、最初にテレビシリーズ「SEX AND THE CITY」の製作者ジェニー・ビックスが、3年前に企画しソニー・ピクチャーズ・テレビジョンとタッグを組み、チャンネルFOXで放映する予定だったが企画倒れに終わっていた。その後、NBCユニバーサルの傘下にあるアメリカのケーブルチャンネルBravoがこのテレビシリーズ化を再企画していたが、どうやらBravoには、この企画以外にも他にたくさんの企画があったようで、今度も製作できずに企画倒れに終わってしまったようだ。

 続編では、オリジナルの時代設定から20年後、映画ではウィノナが演じたベロニカの地元シャーウッドに、彼女が10代の娘を連れて戻り、その娘が高校に入学してかつてベロニカをいじめたお嬢様集団「ヘザース」の生き残りのメンバーの娘たちで構成される女子グループ「アシュリーズ」と対立する設定で、製作者ジェニー・ビックスは、ウィノナに出演のオファーを考えていたようだが、残念な結果になってしまったようだ。 (細木信宏/Nobuhiro Hosoki)

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]