スーパーマン×バットマン映画、宿敵レックス役にマーク・ストロング?

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
役にぴったりかも - スーパーマンの宿敵役候補のマーク・ストロング

 映画『シャーロック・ホームズ』、『ゼロ・ダーク・サーティ』のイギリス人俳優マーク・ストロングが、すでに製作が決まっている『マン・オブ・スティール』の続編に、スーパーマンの宿敵レックス・ルーサー役で出演するかもしれないとDigital Spyの取材で明かした。

スーパーマン誕生の物語!映画『マン・オブ・スティール』フォトギャラリー

 先月行われたコミコン・インターナショナルにて米ワーナーブラザーズは、アメコミ出版社DCコミックを代表する2大ヒーロー、バットマンとスーパーマンが共演する新作映画の製作を発表。『マン・オブ・スティール』の続編に相当する本作では、ザック・スナイダー監督とスーパーマン役のヘンリー・カヴィルの続投が決まっている。

[PR]

 また、『ダークナイト』シリーズでバットマンを演じたクリスチャン・ベイルは出演せず、新生バッドマン役候補にジョシュ・ブローリンライアン・ゴズリングらの名が挙がっていることも報じられている。

 そして、天才的な科学者でスーパーマンの永遠の宿敵であるレックス・ルーサーが続編に登場するのではないか、しかもその有力候補の一人だといううわさについてコメントを求められたマークは、「僕に言えるのは……この沈黙の意図をくみ取ってほしい」と意味深な受け答えをしている。

 マークは、ニコール・キッドマンコリン・ファースと共演の『ビフォア・アイ・ゴー・トゥ・スリープ(原題) / Before I Go to Sleep』が2014年全米公開予定で現在ポストプロダクション中。『マン・オブ・スティール』は、8月30日より日本公開。(鯨岡孝子)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]