レディー・ガガのスタイリストが辞職 一日12回の着替えについていけず

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
ガガのスタイリング……大変そうです…… - 生肉のドレスを身にまとうレディー・ガガ - Kevin Mazur / WireImage / Getty Images

 レディー・ガガと5年間にわたってコラボレーションをしてきたスタイリストのニコラ・フォルミケッティが「ついていけない」ことを理由に辞職した。

ガガのプロデューサーが劇中曲を担当!

 ニコラは、2010年の「MTV Video Music Awards」で話題となった生肉のドレスなど、ガガを象徴する数々の服を担当してきた人物。彼によるとガガの要求はあまりにも多く、それに応えるには忙しすぎるためバトンタッチしたという。

[PR]

 「彼女は一日に12回も着替えるんだ。常軌を逸しているよ。ガガとは一生、大親友であることに変わりはないが、僕は忙しすぎるので、スタイリストは僕の元アシスタント、ブランドン・マックスウェルが手掛けることになった。彼女とは5年間一緒に仕事をして、2枚のアルバムも担当させてもらった。今後も何らかの形で関わるだろうけど、毎日はもう無理だ」とニコラはWWD紙に語っている。

 ガガは11月に新作アルバム「アートポップ」をリリース予定。新アルバムについてガガはこう語っている。

 「『アートポップ』の重要な点はアートとポップは交換可能なものであるということ。わたしは同じデザイナー、ヘアスタイル、偶像に定義されているわけじゃない。わたしが言いたいことは、わたしはある一つの偶像であるのではなく、すべての偶像であるということ。わたしに制限はなく、その時のパレットにあるすべての色を使って描かれた偶像なの」とコメントしている。(BANG Media International)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]