貞子もビックリ!東方神起、サプライズ登場で会場からは狂喜の絶叫!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
『貞子3D2』上映会にサプライズ登場した東方神起

 20日、映画『貞子3D2』の完成披露プレミア上映会に主題歌を担当する韓国の人気ユニット・東方神起サプライズゲストとして登場し、会場のファンや貞子までを狂喜の渦に巻き込んだ。この日は、主役を務めた瀧本美織をはじめ、瀬戸康史山本裕典平澤宏々路、前作に引き続きメガホンを取る英勉監督も登壇した。

東方神起サプライズ登場!『貞子3D2』上映会フォトギャラリー

 英監督が映画を説明する中で「今回の主題歌はすごくカッコいい。ロックっぽくてアゲアゲで、曲を最初に聴いたときに、東方神起に頼んでよかったと思った」とコメントすると、突然花束を持った東方神起のユンホチャンミンの2人が舞台袖から登場。事前に公表されていなかったサプライズに、会場は大歓声に包まれた。2人が映画の完成を祝い、主演の瀧本と英監督に笑顔で花束を渡すと、貞子はその花束を強引に奪い取ったり、東方神起にちょっかいを出したりと暴走を繰り広げた。

[PR]

 東方神起のユンホは「貞子は韓国でも人気があり、よく知っています。今回の主題歌『SCREAM』は僕らの中でも一番激しい曲。映画の雰囲気によく合うと思います」とアピール。続いてチャンミンが「曲には貞子っぽい振り付けも付いています。PVで僕らのダンスも観てください。それにしても、間近で見るとやっぱり貞子は怖いですね」と言うと、監督以下、俳優陣も笑いながらうなずいていた。

 本作が映画初主演となった瀧本は「怖いのは嫌いで、主役はできれば他の方にと申し上げたんだけどダメでした。試写では怖いシーンに耐えられなくて、来るなと思ったときはメガネを外して、よく観ないようにしました。もう観ていられないくらい、怖い映画になっていると思います」とパワーアップした本作の恐怖をアピールしていた。(取材:岸田智)

映画『貞子3D2』は8月30日より角川シネマ新宿ほか全国公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]