貞子、石原伸晃環境大臣に襲い掛かる!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
貞子、石原伸晃環境大臣を表敬訪問!

 3Dホラー映画『貞子3D2』のメインキャラクター貞子が2日、石原伸晃環境大臣を表敬訪問し、日本を恐怖で冷やすというミッション「貞子ときっとク~ル計画」の活動報告を行なった。貞子の取り組みに対して石原大臣は、「『貞子を連れてくる』と聞かされたときは誰が来るんだろうって思っていましたが……(貞子を凝視して)いろいろイベントにも参加いただいたようで、今日はようこそお越しいただきました」とねぎらいの言葉を掛けながら、「ぜひ続編で(貞子に)やられちゃう役で出してください」とリクエストしていた。

貞子が石原大臣に襲い掛かる!フォトギャラリー

 「貞子ときっとク~ル計画」は、背筋も凍るホラー映画『貞子3D2』の公開に合わせ、「環境省が実施している地球温暖化防止の新たな取り組み『クールシェア』を応援しよう」という主旨のもとスタート。これまで、クールシェアを呼び掛けるイベント「クールアース・デー」を開催したり、「ロッテリア」などとのコラボレーション企画を実施したり、貞子がキャンペーンキャラクターとなってさまざまな活動を行ってきた。

[PR]

 活動報告に来た貞子を見て石原大臣は、「貞子さんは女優さんなんですか?」と意表を突く質問に、同席した英勉監督は「えーっと、貞子はもともと女優志望だったんですが、ちょっといろいろあって井戸に放り込まれまして。ある意味、井戸も涼しいですからね」とジョークで代弁。

 これに対して石原大臣は、「それほど怖くない?」と言いながらも、「こんな秘書がいたら、かなり涼しくなりますね」と返答。すると、それまでおとなしくしていた貞子が急に石原大臣に襲いかかるというパフォーマンスを見せ、周囲を驚かせる一幕もあった。

 本作は、昨年5月に公開され大ヒットを記録したJホラー『貞子3D』の第2弾。原作者の鈴木光司の書き下ろしで、貞子の子にまつわる新たな呪いの連鎖を3Dで映し出す。映画『風立ちぬ』、テレビドラマ「GTO」シリーズなどの瀧本美織がヒロインを熱演。映画史上初となるスマホアプリ連動の「スマ4D」上映により、新感覚の恐怖が観る者を凍り付かせる。(取材・文:坂田正樹)

映画『貞子3D2』は角川シネマ新宿ほか全国公開中(3D/スマ4D同時上映)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]