大泉洋主演の“北海道企画”第2弾ヒロインに歌手・安藤裕子が決定!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
映画『ぶどうのなみだ(仮)』のヒロインに決定した安藤裕子

 原田知世大泉洋主演の映画『しあわせのパン』のスタッフが再び大泉を主演に迎え、北海道の豊かな大自然を舞台に描く“北海道企画”の第2弾『ぶどうのなみだ(仮)』のヒロインに、「月桂冠」のCMソング「のうぜんかつら(リプライズ)」などで知られるシンガーソングライターの安藤裕子が決定した。

 本作は、父親の残したぶどうの木と小麦畑でワイナリーを営む一回り年の離れた兄弟アオ(大泉)とロク(染谷将太)の姿を描いた作品。安藤は、キャンピングカーでいろいろな土地を旅しているが、いつしかアオとロクの住む町になじみ、二人の心を揺り動かしていく不思議な女性エリカを演じる。

 歌手としてデビューする前、人気ドラマ「池袋ウエストゲートパーク」に出演するなど役者業の経験がある安藤は、「昔わたしが憧れて諦めた映画の世界。今回撮影に参加して、それはもう諦めた理由も、憧れた理由も思い出しました」と複雑な胸の内を吐露。一方で「なぜ映画の仕事を続けるのか?」と出演者やスタッフに質問した際、「他にできることもないし」と言いながらも、多くの人が「好きだから」と答えていたのが印象的だったという彼女は「わたしも映画が好きだと自信を持って言えるよう、ガムシャラに走るのみです」と意気込んだ。

[PR]

 安藤の印象について、主演の大泉は「すごくナチュラルで普通の雰囲気を持っていながら、カメラの前に立つと息をのむほど美しく鮮烈な印象を残す。撮影の合間に古い沖縄の歌をふと口ずさんだ彼女の歌声に一瞬で心をつかまれました。か弱いようでも、どこかに強さを感じさせるその歌声は彼女の演技と同じなんだと思いました」とコメント。変幻自在の熱量を込めた独特な歌声で聴く者を魅了してきた彼女が女優としてどのような顔を見せてくれるのか期待したい。(編集部・中山雄一朗)

映画『ぶどうのなみだ(仮)』は2014年秋全国公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]