佐藤健、本格ラブストーリー初挑戦に「すごく恥ずかしかった」

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
「カノジョ」役の大原櫻子を優しく気遣った佐藤健

 俳優の佐藤健が20日、都内で行われた映画『カノジョは嘘を愛しすぎてる』の完成披露試写会に出席、共演した三浦翔平ら若手イケメン俳優たちと共に和気あいあいと会場を盛り上げ、本格ラブストーリー挑戦への思いを語った。

映画『カノジョは嘘を愛しすぎてる』完成披露ギャラリー

 同作は、青木琴美による人気少女コミックを実写化したラブストーリー。人気バンドCRUDE PLAY(クリュードプレイ)の元メンバーである天才サウンドクリエイター小笠原秋(佐藤健)と、同バンドのファンでシンガーとして人並み外れた才能を秘める女子高生・小枝理子(大原櫻子)との恋の行方を描く。

[PR]

 意外にも本格ラブストーリー初挑戦という佐藤が「個人的にもここまでのものは初めて」と照れくさそうに語ると、会場の女子からは笑い声も。また撮影を振り返り「すごく恥ずかしかったですけど」と明かしながらも「ヒロイン役の櫻子さんが、ラブストーリーもだけど映画も初めてということで。僕よりももっともっと記念すべき作品に一緒にいられたことが、僕はうれしいです」と優しいまなざしで語った。

 およそ5,000人のオーディションを勝ち抜いてヒロインに抜てきされた大原は、「今心臓の音が聞こえるくらい緊張しています。けど、撮影が終わってからこの日を待ちわびていました」とガチガチながら一生懸命にあいさつ。さらに愛くるしい笑顔を見せながら「今日は楽しんで観て帰っていただければ」と観客にメッセージを送っていた。

 一方、若手イケメン俳優陣が勢ぞろいする中、ピリッと大人の魅力を放っていたのが反町。撮影を振り返り「たくさんの思いをもって撮りました。個人的には小泉(徳宏)監督と一緒に仕事できて良かった」と渋くコメント。本作では、CRUDE PLAYを手掛ける音楽プロデューサー・総一郎を演じており、若手俳優たちが演じる同バンドに「とてもかっこいいと思っています。僕も(彼らが)本当にデビューできたらいいなと思っていて。こういう形でデビューできて、たくさんの人に観られていることで、僕も(劇中で)プロデューサーをやって良かったと思っています」とエールを送っていた。この日は三浦翔平、窪田正孝水田航生浅香航大吉沢亮森永悠希相武紗季小泉徳宏監督、音楽プロデューサーの亀田誠治も出席した。(中村好伸)

映画『カノジョは嘘を愛しすぎてる』は12月14日より全国公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]