シリーズ第4弾『ジュラシック・ワールド』、オリジナル版から22年後の世界が描かれることに!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
映画『ロスト・ワールド/ジュラシック・パーク』より - Hulton Archive / Getty Images

 映画『ジュラシック・パーク』シリーズ第4弾『ジュラシック・ワールド(原題) / Jurassic World』では、1993年公開のオリジナル版から22年後の世界が描かれる予定だと、本作のメガホンを取るコリン・トレヴォロウが自らのツイッターで明かした。

映画『ロスト・ワールド/ジュラシック・パーク』写真ギャラリー

 オリジナル版『ジュラシック・パーク』では、オープン直前のテーマパークを舞台に、遺伝子工学によりよみがえった恐竜たちと人間の格闘が描かれた。その22年後ということは、テーマパークがオープンされしばらく時が経過した頃が舞台になる、ということだろうか。

[PR]

 当初、オリジナル版のリメイクの可能性がささやかれていたが、トレヴォロウ監督は、「リメイクというのはちょっと言い過ぎだ。『ジュラシック・パーク』で描かれた恐るべき出来事から22年後が舞台の、新たなSFアドベンチャー映画になる予定だよ」とツイッターでコメントしている。

 『マネーボール』のクリス・プラットが、主演候補に挙がっていると伝えられている。

 『ジュラシック・ワールド(原題)』は、2015年6月12日公開予定。(鯨岡孝子)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]