『X-MEN』新作、ローグ役アンナ・パキンの出演シーンがカット!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
出演シーンをカットされたアンナ・パキン - FilmMagic / Getty Images

 映画『X-MEN:フューチャー&パスト』からローグ役のアンナ・パキンの出演がなくなったことをブライアン・シンガー監督がEntertainment Weeklyのインタビューで明らかにした。

アンナ・パキン出演映画『X-MEN2』写真ギャラリー

 監督は編集で救出シーンをカットしたらしいが、これがアンナが出ている唯一のシーンだったとのこと。「編集段階で本筋とは無関係になり、あまりにも盛りだくさんすぎてしまったのでカットした。残念ながら、ローグを演じるアンナの唯一の出演シーンだった。彼女はストーリーには関わっていて、映画製作にも関わったが画面に映ることは無くなってしまった」とコメント。

[PR]

 ただ、救出シーンは出来も良く、ファンにも観てもらいたいため、DVDに含まれる可能性はあるそうだ。今回の判断は、アンナに対する個人的な好き嫌い、演技の良し悪しなどは一切関係ないとも言っている。

 日本では2014年5月に公開される同映画には、ヒュー・ジャックマンパトリック・スチュワートイアン・マッケランハル・ベリー、ショーン・アシュモア、エレン・ペイジダニエル・クドモアといったシリーズでおなじみのキャストに加え、前日譚(たん)となる『X-MEN:ファースト・ジェネレーション』のジェームズ・マカヴォイマイケル・ファスベンダージェニファー・ローレンスニコラス・ホルト、そして新たにエヴァン・ピーターズファン・ビンビンが出演。ストーリーも未来と過去を股に掛けた壮大な物語になっている。(澤田理沙)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]