作品賞は『それでも夜は明ける』‐第19回放送映画批評家協会賞発表

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
映画『それでも夜は明ける』が作品賞を受賞 - (C) 2013 Bass Films, LLC and Monarchy Enterprises S.a.r.l. in the rest of the World. All Rights Reserved.

 第19回放送映画批評家協会賞が発表され、映画『アメリカン・ハッスル』と共に最多となる13ノミネーションを獲得していた映画『それでも夜は明ける』が作品賞を受賞した。

映画『それでも夜は明ける』場面写真

 監督賞は映画『ゼロ・グラビティ』のアルフォンソ・キュアロン監督が受賞。『アメリカン・ハッスル』はメイクアップ賞、アンサンブル賞、コメディー映画賞、女優賞(コメディー部門)などを受賞している。

[PR]

第19回放送映画批評家協会賞の主な受賞結果は以下の通り。(澤田理沙)

■作品賞
『それでも夜は明ける』

■監督賞
アルフォンソ・キュアロン 『ゼロ・グラビティ』

■主演男優賞(ドラマ部門)
マシュー・マコノヒー 『ダラス・バイヤーズクラブ』

■主演女優賞(ドラマ部門)
ケイト・ブランシェット 『ブルージャスミン』

■助演男優賞
ジャレッド・レトー 『ダラス・バイヤーズクラブ』

■助演女優賞
ルピタ・ニョンゴ 『それでも夜は明ける』

■アンサンブル賞
『アメリカン・ハッスル』

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]