『それでも夜は明ける』『ゼロ・グラビティ』が作品賞を同時受賞 全米製作者組合賞発表

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
オスカーの行方がさらにわからなくなってきました! - 映画『ゼロ・グラビティ』(上)と映画『それでも夜は明ける』 - (C) 2013 WARNER BROS.ENTERTAINMENT INC. , (C) 2013 Bass Films, LLC and Monarchy Enterprises S.a.r.l. in the rest of the World. All Rights Reserved.

 ここ6年、全米製作者組合賞の最優秀作品賞に選ばれた映画は、その年のアカデミー賞作品賞を獲得しているため、オスカーの行方を占う上で特に注目される賞となっているが、今年の受賞結果はオスカーが混戦することを物語るものとなった。

映画『ゼロ・グラビティ』写真ギャラリー

 今年の全米製作者組合(PGA)賞の最優秀作品賞は、映画『それでも夜は明ける』と『ゼロ・グラビティ』の2作品が同時受賞。全米製作者組合賞で2作品が最優秀作品賞に選ばれるのは史上初だとThe Hollywood Reporterは報じている。

 長編アニメ賞はディズニー映画『アナと雪の女王』が獲得し、テレビ映画 / ミニシリーズ部門は『恋するリベラーチェ』、テレビドラマシリーズは「ブレイキング・バッド」、テレビコメディーは「モダン・ファミリー」が受賞を果たしている。(澤田理沙)

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]