夏帆が血まみれ!山田悠介原作映画で『先生を流産させる会』監督とタッグ!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
山田悠介原作の作品に主演する夏帆 - (C)2014「パズル」製作委員会

 女優の夏帆が、映画『リアル鬼ごっこ』の原作者として知られる作家・山田悠介のベストセラーを映画化する『パズル』に主演することが明らかになった。夏帆は、心に傷を持つ鬱屈(うっくつ)とした思いを抱える少女を演じており、劇中では全身に血しぶきを浴びた衝撃的な姿も披露する。

 原作は山田作品の特徴ともいえる非現実的なゲームに奔走することになる、高校生たちの姿を描いたサスペンス。2007年にもテレビドラマとして実写化されているが、映画では原作をベースに、飛び降り自殺を図った少女とそれに共感した少年による、切なくも破滅的な物語がつづられるという。

 夏帆が演じるのは、本作の主人公で、通学する高校の屋上から飛び降り自殺を図る少女・中村。彼女が一命をとりとめてから1か月後、マスクを着けた謎の集団によって高校が占拠され、教師が監禁される事件が発生。同級生の湯浅(野村周平)から、事件のカギをにぎるパズルのピースを手渡された中村が、彼の後を追う中で目にする衝撃的な光景が描かれる。

[PR]

 メガホンを取るのは、そのタイトルとテーマが賛否両論を巻き起こした映画『先生を流産させる会』の内藤瑛亮監督。旬の才能の集結により、幾度となく映像化されてきた山田作品の世界がどのように描かれるのかに期待。そのほか共演者として、高橋和也八木さおり佐々木心音田中隆三大和田獏など個性派キャストが脇を固める。(編集部・入倉功一)

映画『パズル』は3月8日よりヒューマントラストシネマ渋谷ほかにて公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]