『小さいおうち』黒木華が銀熊賞(最優秀女優賞)を受賞!

第64回ベルリン国際映画祭

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
銀熊賞(最優秀女優賞)のトロフィーを手にした黒木華(右)と山田洋次監督 - Sean Gallup / Getty Images

 現地時間15日、第64回ベルリン国際映画祭授賞式が行われ、コンペティション部門に出品されていた映画『小さいおうち』の黒木華が銀熊賞(最優秀女優賞)を獲得した。日本人による同賞の受賞は、2010年の寺島しのぶ(『キャタピラー』)以来4年ぶり4度目。

黒木華のあでやかな着物姿!ベルリン映画祭フォトギャラリー

 本作は、第143回直木賞を受賞した中島京子の小説を名匠・山田洋次監督が実写化したラブストーリー。昭和と平成の2つの時代を舞台に、女中のタキ(黒木華)が女主人(松たか子)に隠した秘密にまつわる物語が描かれる。(編集部・市川遥)

映画『小さいおうち』は公開中
第64回ベルリン国際映画祭は現地時間16日まで開催

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]