『ハッスル&フロウ』監督、ジャスティン・ティンバーレイクとタッグか

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
プロデューサーとして参加するジャスティン・ティンバーレイク

 映画『ハッスル&フロウ』のクレイグ・ブリュワー監督が、映画『ザ・アイドルメイカー(原題) / The Idolmaker』のリブート作品への監督交渉に入ったことがVarietyで報じられた。

ジャスティン・ティンバーレイク出演映画『ソーシャル・ネットワーク』写真ギャラリー

 オリジナル作品は、映画『愛と青春の旅立ち』のテイラー・ハックフォード監督、レイ・シャーキー主演で1980年に公開されており、1950年代のアメリカのポップスで活躍した歌手ファビアン、フランキー・アヴァロンを発掘したプロデューサー兼マネジャーのボブ・マルクッチの体験を基に映画化していた。

[PR]

 同リブート作品は、2011年から企画されていたようで、一時期は俳優のライアン・ゴズリングがメガホンを取るとされていたが、企画倒れになっていたようだ。だが、MGMの過去の作品『ロボコップ』のリメイクの成功により、どうやらオリジナルを製作したMGMは再び企画を立ち上げたようだ。

 そして、ブリュワー監督に白羽の矢が立ち、新たにジャスティン・ティンバーレイク、映画『ミッション:8ミニッツ』のホーク・コッチ、映画『ロッキー』のジーン・カークウッドがプロデューサーとして参加するとのこと。(細木信宏/Nobuhiro Hosoki)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]