宮藤官九郎、ドMな悪徳弁護士役で12年ぶり連ドラ出演!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
ドMな悪徳弁護士を演じる宮藤官九郎と、仲里依紗

 脚本家の宮藤官九郎が4月にスタートする尾野真千子主演の月9ドラマ「極悪がんぼ」(フジテレビ系)で、ドMな悪徳弁護士を演じることが明らかになった。宮藤が連続ドラマに出演するのは2002年のTBS系ドラマ「夢のカリフォルニア」以来、約12年ぶり。月9には「二千年の恋」(2000年)以来、約14年ぶりの出演となる。

ドラマ「極悪がんぼ」出演者フォトギャラリー

 「カバチタレ!」の田島隆(原作)と東風孝広(作画)コンビによる同名コミックを原作にした本作は、同僚に100万円を貸したことが発端で多額の借金を背負わされ、人生のどん底に落ちたヒロイン・神崎薫(尾野)が、持ち前の“負けん気根性”で這い上がっていくさまを描く裏社会エンターテインメント。原作の世界観を残しながらもドラマでは、主人公を男性から女性に、舞台を広島から架空の金暮市(かねくれし)に置き換えている。

[PR]

 宮藤が演じるのは、金のためなら汚い手を使ってでも依頼人を助ける強欲な弁護士・豊臣嫌太郎(いやたろう)。仕事を離れると、仲里依紗演じるスナックのママ・真矢樫キリコにぞっこんで、果敢にアタックを仕掛けるもまったく相手にされず、それがまた快感というドMな役どころだ。先日行われた初めての収録で宮藤は、キリコにひざまずき求愛するも「黙っとれ変態!」と一蹴されるが、「もっとお仕置きして~」と手に口づけをしようとし、思いっきり蹴られるというシーンに挑み、見事な“ドM”っぷりを発揮していた。

 今回の決定に宮藤は「12年ぶりの連続ドラマ出演。月9は14年ぶりだそうです。そして生涯初の弁護士役。できるのか? できるんだろうか? 立ち位置とか、セリフとか、モニターチェックとか、もろもろ楽しめるのか?」と不安を吐露。その一方で「キャストは百戦錬磨のつわものばかりだし、監督は河毛(俊作)さんだし、きっと優しく介護してくれるに違いない」と期待を込め、「皆さんの胸を借りて、胸から胸に飛び移りながら1クール乗りきろうと思います。頑張っているように見えないように頑張ります!」と意気込んだ。

 そのほかにも本作には、椎名桔平三浦翔平竹内力板尾創路宇梶剛士小林薫三浦友和ら個性豊かな面々の出演が決まっている。(編集部・中山雄一朗)

フジテレビ系ドラマ「極悪がんぼ」は4月14日スタート 毎週月曜日午後9時~9時54分放送(初回15分拡大)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]