キム兄、官能シーンに立ち会えず!見たかったと欲望丸出し

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
木村祐一、濱田のり子、天乃舞衣子、桜木梨奈

 映画『花と蛇 ZERO』の公開記念イベントが16日、都内で行われ、出演者の天乃舞衣子濱田のり子桜木梨奈木村祐一橋本一監督が登壇し、撮影を振り返った。

映画『花と蛇 ZERO』場面写真

 本作は作家・団鬼六のベストセラーを基にしたエロスドラマ。ある3人の女性が、違法動画サイトに関わったことがきっかけで、それまでの日常生活から乖離(かいり)していく姿を、濃密な官能描写を交えて描く。

[PR]

 この日は華やかなドレスに身を包んだ、3人の女優陣(天乃、濱田、桜木)が出席。女性刑事役に挑んだ天乃が「体力作りに努めました。プールで泳いだり、空手とか護身術とか……」と役づくりの苦心を語れば、緊縛シーンが多かったという濱田も「朝から夜まで縛られたり、本当に監禁生活みたいでした」と撮影を振り返った。

 一方、刑事役で出演する木村は、セクシーな場面の撮影について「生では見ていないんですよね。見たいなー」と立ち会えなかったことに残念がることしきり。ちなみに映画完成後、木村一人きりの試写会が行われたそうで、「最初は真ん中の席だったんですけど、前の方に座り直しました」とキム兄らしい(?)欲望丸出しの発言で周囲を沸かせた。

 またこの日は、劇中の緊縛シーンに協力した緊縛師の有末剛も出席し、緊縛ショーを披露。ショーの途中で縄が切れるアクシデントが発生し、「35年やっていて初めて」と驚く有末に木村は「(有末がかけている)サングラス、プーマなんですね」といきなり語り掛け、変わらぬペースで会場を盛り上げた。(取材・文:県田勢)

映画『花と蛇 ZERO』は5月17日より丸の内TOEI2ほか全国公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]