中国がテレビドラマのネット配信を検閲…「ビッグバン★セオリー」「NCIS」「グッド・ワイフ」などが配信禁止に

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
いつか中国でも配信されるといいな - 「ビッグバン★セオリー」のキャスト - Jason LaVeris / FilmMagic / Getty Images

 ネット配信されているテレビドラマの検閲を中国政府が強化し、人気の高いドラマが配信禁止になったとThe Hollywood Reporterが報じた。

この作品もカットされてしまった……映画『007 スカイフォール』写真ギャラリー

 中国の国家ラジオ映画テレビ総局(SARFT)が配信禁止としたのは、テレビドラマ「ビッグバン★セオリー ギークなボクらの恋愛法則」「NCIS ~ネイビー犯罪捜査班」「グッド・ワイフ」「ザ・プラクティス/ボストン弁護士ファイル」などだが、理由は挙げていないとのこと。SARFTは今後も検閲を強化するらしく、ネット配信大手のYouku、Tensent、Sohuはストリーミングを可能にする前に内容を入念に検査するよう警告を受けたという。

[PR]

 最近では中国政府を批判したテレビドラマ「ブラックリスト」のエピソードが配信禁止になった一方、中国政府の腐敗を取り上げている「ハウス・オブ・カード 野望の階段」は配信可能となっているという不思議な現象もみられると同サイトはコメントしている。

 中国政府による検閲は映画においても厳しく、過去には、映画『メン・イン・ブラック3』では中国系エイリアンのシーンがカットされたり、映画『パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド』『007 スカイフォール』がカットされたり、実際のセリフとは異なる字幕が付いたりしている。(澤田理沙)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]