クリント・イーストウッドの息子、ニコラス・スパークス小説映画化の主演へ

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
スコット・イーストウッド - Jon Kopaloff / FilmMagic / Getty Images

 クリント・イーストウッドの息子で俳優のスコット・イーストウッドが、ニコラス・スパークスの小説「ザ・ロンゲスト・ライド(原題) / The Longest Ride」の映画化作品に主演することがわかった。Deadline.comが伝えた。

スコット・イーストウッド出演!映画『グラン・トリノ』フォトギャラリー

 「ザ・ロンゲスト・ライド(原題)」は、これまで「メッセージ・イン・ア・ボトル」や「きみに読む物語」などの著書が映画化されてきたスパークスが、2013年に発表した作品。

[PR]

 91歳の男性が交通事故に遭い、車に閉じ込められて意識が遠のく中、彼は9年前に亡くなった妻のことを思い出す。時を同じくして、その少し離れたところでは若い男女が出会い、恋に落ちる。本作では、そんな世代の異なる2組のカップルの物語が並行して描かれる。スコットは、その若い男性を演じる。

 メガホンを取るのは、『ザ・ダイバー』や『ファースター 怒りの銃弾』のジョージ・ティルマン・Jr監督。

 スコットはこれまで、父親の監督作『父親たちの星条旗』や『グラン・トリノ』、『人生の特等席』などに出演してきた。2014年11月に全米公開される『フューリー(原題) / Fury』ではブラッド・ピットと共演し、近年注目されている。

 『ザ・ロンゲスト・ライド(原題)』は、2015年4月に全米公開予定。(鯨岡孝子)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]