山田孝之はすごくマメ!やべきょうすけが素顔明かす

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
マメな一面を暴露されていた山田孝之

 俳優の山田孝之やべきょうすけ山口雅俊監督が9日、都内で行われた映画『闇金ウシジマくん Part2』の報知映画賞・特選試写会に出席した。やべは、撮影中に見た山田の意外な一面に触れ、「食べたいものを言うと、お店を調べて、予約も取ってくれる。全部してくれて、すごいマメなんです」と素顔を明かしていた。

山田孝之はすごくマメ!『闇金ウシジマくん Part2』舞台あいさつフォトギャラリー

 同作は真鍋昌平の原作コミックをテレビドラマ化した、人気シリーズの劇場版第2弾。闇金業者のウシジマ(山田)が率いるカウカウファイナンスを中心に、ヤンキーや暴走族、ライバルの女闇金、ホスト、情報屋などが、金をめぐって争いを繰り広げる。

[PR]

 撮影では、債務者側とカウカウ側のシーンはほとんど別だったといい、やべは「お互いにわからないことが多いので、一緒に撮影するときは緊張感があるんです。(債務者側の)役者さんたちがどうキャラクターをつくり上げているか、また向こう側からは、完成されたカウカウのメンバーに、どういう風に向かっていけばいいのかという思いを感じました」と語り、良い緊張感が生まれたと述懐した。

 一方の山田は、常に感情を押し殺したようなウシジマ役について「すごくシンプルで、どんな状況でも言うことや行動は変わらないです」とブレないキャラクターだと分析。また独特の世界観を作り上げるため、山口監督とセリフについて話し合うこともあったという。山口監督は、劇中でウシジマが中尾明慶演じる暴走族のリーダー・愛沢浩司と電話で交わすセリフについて、「原作では別だったけど、ちょっとウシジマっぽくないということで、二人で直しました」と振り返った。

 お金に翻弄(ほんろう)され欲におぼれる人々の姿を描いた本作。最後に山田は「面白いところは笑って、嫌な気持ちになる部分もしっかり観て自分の胸に傷をつけてもらいたい」と観客に語り掛け、「(その傷を)持ち帰って、自分がどうするべきかを感じてもらえたら、こういう作品を続けていくことに意味があると思える」と作品に込めた思いを語った。(中村好伸)

映画『闇金ウシジマくん Part2』は5月16日より全国公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]