『ソーシャル・ネットワーク』脚本のアーロン・ソーキン、『マネーボール』に続きマイケル・ルイス作品の脚本担当か

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
再び話題作の脚本担当か - アーロン・ソーキン - Mike Coppola / FilmMagic / Getty Images

 映画『ソーシャル・ネットワーク』『マネーボール』の脚本家アーロン・ソーキンが、マイケル・ルイスの新著「フラッシュ・ボーイズ(原題) / Flash Boys」の映画化作品で、脚本担当の交渉中であることがわかった。The Hollywood Reporterが報じた。

アーロン・ソーキン代表作!映画『ソーシャル・ネットワーク』写真ギャラリー

 本作は、映画『マネーボール』の原作で知られるマイケル・ルイスが今年3月に発売した新著「フラッシュ・ボーイズ(原題)」を映画化する作品。担当が決まれば、アーロンにとって2度目のルイス作品の脚本執筆となる。

[PR]

 本著では、コンピューター技術を使用して、短い時間で数百回という高頻度で株の売買を繰り返す「高頻度取引」を描く。取引業者はこの技術を使って株式市場を操作している、とルイスは書いており、発売以降、米金融業界で大論争を巻き起こしているという。

 企画しているのは、これまで『ソーシャル・ネットワーク』や『マネーボール』、テレビドラマ「ニュースルーム」でアーロンと共に仕事をしてきた映画プロデューサー、スコット・ルーディン。二人は現在企画中の、スティーブ・ジョブズの伝記映画でもコラボすることが決まっている。

 『ソーシャル・ネットワーク』で、第83回アカデミー賞脚色賞を受賞したアーロン。彼が脚本を書くことになれば、本作に対する期待はさらに高まりそうだ。(宮本裕人)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]