クローネンバーグ、『スター・ウォーズ』監督をまた断る

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
『スター・ウォーズ』の監督を複数回断ったのはこの人くらいなものじゃないでしょうか… - デヴィッド・クローネンバーグ - Frazer Harrison / Getty Images

 『ヴィデオドローム』『ザ・フライ』などのデヴィッド・クローネンバーグが、来年12月公開予定の映画『スター・ウォーズ/エピソード7(仮題)』の続編の監督オファーを断っていたことを明かした。クローネンバーグは1983年の映画『スター・ウォーズ/ジェダイの帰還』でも監督候補に挙がっていた。

 『スター・ウォーズ』シリーズは現在、ディズニー製作第1作となる『スター・ウォーズ/エピソード7(仮題)』が『スター・トレック』などで知られるJ・J・エイブラムス監督の下、撮影中。The Hollywood Reporterによると、エイブラムス監督の就任が決まった直後、クローネンバーグにディズニーから電話がかかってきたのだという。

 「『スター・ウォーズ』の続編のうちの1本を監督することに興味がないかという電話だったね。僕は『何てこった! もちろんあるよ!』と答える代わりに『あー、申し訳ないけど、他人の作品にはあんまり興味ないんだ』と言ったんだけど。どのあたりまで話が進んでいたのかは知らないけど、話はそれで終わったよ」とクローネンバーグ監督は明かしている。

 「エピソード7」の続編にあたる「エピソード8」の監督は『LOOPER/ルーパー』などのライアン・ジョンソンが務めることになったと先週末にスクープされたばかり。『ジェダイの帰還』の時にもかなうことのなかったクローネンバーグによる『スター・ウォーズ』新作は、今度も実現には至らなかったようだ。(編集部・福田麗)

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]