関ジャニ∞、堤監督の『エイトレンジャー』3作目構想にもノリノリ!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
3作目の展望も明かした堤幸彦監督

 アイドルグループ・関ジャニ∞主演映画『エイトレンジャー2』の完成披露会見が25日に都内で行われ、メンバーの横山裕渋谷すばる村上信五丸山隆平安田章大錦戸亮大倉忠義が劇中衣装のレンジャースーツで勢ぞろいした。会見には大勢のファンが招待され、7人がレッドカーペットを歩いてステージに駆け込むと、会場は割れんばかりの声援で埋め尽くされた。この日はメガホンを取った堤幸彦監督も出席した。

映画『エイトレンジャー2』作品情報

 同作は関ジャニ∞がコンサートで披露してきた戦隊パロディー企画の映画化で、2012年に公開された映画『エイトレンジャー』の続編。2040年の近未来を舞台に、すっかり落ちぶれたエイトレンジャーの面々が新たな悪に立ち向かうさまを描く。

[PR]

 ブラックを担当した横山は、ファンの大きな声援を集めながら、メンバーを代表して「本当に自信を持って薦められる映画ができました」と胸を張ってコメント。「関ジャニ∞のメンバーや出演者の皆さんが一丸となって作った作品ですので、今年の夏を盛り上げたい」と熱い思いをぶつけて会場を沸かせた。

 “堤ワールド”の真骨頂ともいえる笑いはもちろん、アクションもパワーアップしており、横山は約3メートルの高さから飛び降りるシーンにスタントなしで挑戦。堤監督が、アクションの際に横山が「せい!」と気合を入れることを明かすと、本人も「空手をやっていたから、その名残があるんだと思います」と振り返った。

 また堤監督は、シリーズ3作目について「もしできるとしたら、今(現代に)タイムスリップして、よくあるストーリーだけど、自分の親と出会うようなのができたらいな」と展望をコメント。丸山も「そうなったら一人二役できるかなと思って楽しみです」と乗り気で、ほかのメンバーからも「お母さんお父さん役の新しいメンバーにも会ってみたい」と声が上がるなど、やる気を見せていた。(中村好伸)

映画『エイトレンジャー2』は7月26日より全国公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]