『3人のアンヌ』ホン・サンス監督の新作2本&加瀬亮主演の最新作が日本公開!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
(上)映画『ヘウォンの恋愛日記』より(下)映画『ソニはご機嫌ななめ』より

 映画『3人のアンヌ』などでカンヌ国際映画祭のパルムドールにノミネートされた経験を持つ、ホン・サンス監督の新作映画『ヘウォンの恋愛日記』『ソニはご機嫌ななめ』が8月16日公開される。また加瀬亮主演で現在製作中の最新作『自由が丘8丁目』の日本公開も予定していることがわかった。

『ヘウォンの恋愛日記』&『ソニはご機嫌ななめ』予告編

 『ヘウォンの恋愛日記』では、女子大生ヘウォン(チョン・ウンチェ)と大学教授ソンジュンイ・ソンギュン)の秘密の関係が描かれる。また、シャルロット・ゲンズブールを娘に持つ女優・歌手のジェーン・バーキンが、本人の希望で特別出演を果たしているという。『ソニはご機嫌ななめ』では、一人の女性をめぐる四角関係がメインに。主演を『トガニ 幼き瞳の告発』などのチョン・ユミが務めた本作は、第66回ロカルノ国際映画祭で監督賞を受賞した。

[PR]

 これまでにさまざまな恋愛劇を描いてきたサンス監督。韓国メディアによると、最新作の『自由が丘8丁目』はムン・ソリらが出演し、加瀬演じる日本人の主人公が韓国のゲストハウスに滞在するストーリーとなるとのこと。同作の公開日は今のところ未定。(編集部・井本早紀)

『ヘウォンの恋愛日記』『ソニはご機嫌ななめ』は8月16日よりシネマート新宿にて2作品同時公開

» 動画の詳細
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]