ドラキュラの起源を描く!ルーク・エヴァンス主演作10月日本公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
映画『ドラキュラZERO』ティザービジュアル

 15世紀に実在した一国の君主であり“ドラキュラ”の起源とされる男、ヴラド・ドラキュラの英雄伝説を描くアクション・エンターテイメント大作『Dracula Untold』の邦題が『ドラキュラZERO』に決まり、10月31日より日本公開されることがわかった。主演は『ホビット 竜に奪われた王国』のバルド役などで知られるイギリス人俳優ルーク・エヴァンス

 ルークがふんするのは、横暴なオスマン帝国の侵略から民衆、そして愛する妻と幼い息子を守るため、強大な闇の力と契約を交わすヴラド・ドラキュラ。力を得ることと引き換えに耐えがたい代償を払うことになるヴラドは、恐るべき悪と化してもなお英雄でいられるのか……、最新のVFXを駆使したスタイリッシュな映像と共に映し出される。

 併せて公開されたティザービジュアルは、「愛する者のため、悪にこの身を捧げよう-」というコピーとともに、どこか寂しげな表情で崖の上にたたずむヴラドの姿を捉えたもの。これまでのドラキュラ映画とは一線を画すビジュアルおよびストーリーを期待させる仕上がりだ。

[PR]

 メガホンを取ったのは、新鋭ゲイリー・ショア監督。『危険なメソッド』のサラ・ガドン、『マンマ・ミーア!』のドミニク・クーパー、『レ・ミゼラブル』のサマンサ・バークスらが脇を固めている。(編集部・市川遥)

映画『ドラキュラZERO』は10月31日より日本公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]