シュワちゃん主演『コマンドー』のリメイク企画が頓挫

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
「リメイクすると言ったな」「そうだ、大佐…」「あれは嘘だ」

 アーノルド・シュワルツェネッガーの主演映画『コマンドー』のリメイクが頓挫したようだとCinemaBlend.comが報じた。

 同作は1985年に発表されたアーノルド・シュワルツェネッガー主演のアクション映画。娘をさらわれた元エリート部隊“コマンドー”の主人公ジョン・メイトリックスが、娘を助けるために単身、敵地に乗り込んでいくさまを描く。玄田哲章による吹き替え版では「何が始まるんです?」「第3次世界大戦だ」「あれはうそだ」といった名言を生むなど、いまだに根強い人気を誇っており、シュワちゃんの代表作として数えられている。

 リメイク企画は数年前に報じられており、その際には『エンド・オブ・ウォッチ』などのデヴィッド・エアー監督が関わっていたが、このたびCinemaBlend.comの取材に応じたエアー監督は「僕はもはや関わっていないんだ」とプロジェクトからの離脱を認めた。これを受けて、同メディアはリメイク企画自体が頓挫したようだと報じている。

 ちなみにエアー監督は、シュワちゃんとは新作『サボタージュ』でタッグ。同作でシュワちゃんはDEA(麻薬取締局)最強の特殊部隊を率いるリーダーにふんしている。(編集部・福田麗)

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]