ロバート・ゼメキス監督がパラマウントと契約でテレビシリーズ製作!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
ロバート・ゼメキス監督

 映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー』シリーズのロバート・ゼメキス監督が、パラマウント・テレビジョンと契約を結び、テレビシリーズを手掛けることがDeadlineや複数のメディアによって明らかになった。

ロバート・ゼメキス監督映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー』フォトギャラリー

 これは、ロバート・ゼメキス監督と彼の製作パートナー、ジャック・ラプケの製作会社コンパリ・エンターテインメントが、パラマウント・テレビジョンと2年間のファーストルック契約(製作費をスタジオが支援する代わりに、その支援したスタジオが優先的にプロデューサーや監督の企画を製作・配給できるというもの)を結んだ。

[PR]

 そして彼らが手掛けるテレビシリーズ第1弾は、作家ニコルソン・ベイカーが執筆したベストセラー小説「フェルマータ」で、時間を自由自在に止めることのできる男が、さまざまな想像を膨らませて行動していくというもので、テレビシリーズ「堕ちた弁護士 ~ニック・フォーリン~」のデヴィッド・ホランダーが脚色することになっている。

 今回の契約は、オスカー受賞作品『フォレスト・ガンプ/一期一会』から『フライト』まで長年パラマウント・ピクチャーズに貢献してきたロバート・ゼメキス監督にとって、同じパラマウントファミリーでのテレビドラマ製作は自然の流れだったようだ。 (細木信宏/Nobuhiro Hosoki)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]