『スクール・オブ・ロック』がTVシリーズ化!リンクレイター監督が製作総指揮に!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
ジャック・ブラックの続投は……? - Randy Holmes / ABC via Getty Images

 リチャード・リンクレイター監督、ジャック・ブラック主演のヒット作『スクール・オブ・ロック』がテレビシリーズ化されることがDeadlineによって明らかになった。

映画『スクール・オブ・ロック』フォトギャラリー

 本作は、パラマウントTVのもとケーブル・チャンネル、ニコロデオンで企画されている13話のテレビシリーズで、2003年に製作された『スクール・オブ・ロック』で監督を務めたリチャード・リンクレイターと、プロデューサーのスコット・ルーディンが製作総指揮を担当する。脚本はテレビシリーズ「クラッシュ&バーンスタイン(原題) / Crash & Bernstein」のジム&スティーヴ・アルモジダが執筆している。

[PR]

 オリジナル映画は、自分勝手なパフォーマンスでロックバンドを解雇されたギタリストのデューイが、規律の厳しいエリート小学校の生徒にロックの魂を注ぎ込んでいくというもの。

 今のところ、キャストや監督は決まっていないが、それ次第で興味深い作品になりそうだ。撮影は今年の秋から入り、放映は2015年の春を予定している。 (細木信宏/Nobuhiro Hosoki)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]