81歳にして監督デビューへ!『アリスの恋』のアカデミー賞女優エレン・バースティン

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
81歳にして監督デビューすることになったエレン・バースティン - Jeff Vespa / WireImage / Getty Images

 1974年の映画『アリスの恋』でアカデミー賞主演女優賞を受賞、その他にも映画『エクソシスト』や『レクイエム・フォー・ドリーム』などで5回オスカーにノミネートされている大女優、エレン・バースティンが、監督デビューを果たすことになったとDeadline.comが報じた。

エレン・バースティン出演映画『ウィッカーマン』フォトギャラリー

 バースティンが、81歳にして初めてメガホンを取るのは、ニューヨークを舞台に、家賃免除と引き換えに、家の留守番を務めることになったある男性を描いた『ベイジング・フロ(原題) / Bathing Flo』という作品。実はそこには年老いた女性が住んでいたのだが、その女性役をバースティンが演じる。

[PR]

 バースティンは、「出演のオファーでこの脚本が送られてきたとき、好きなシーンのイメージが湧いてきたの。製作会社の人たちは、わたしの描いたイメージを気に入ってくれたので、『わたしが監督をやってみてもいいのでは?』って考えたのよ」と、監督を引き受けることになった経緯についてコメントしている。

 撮影時期は未定。(鯨岡孝子)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]