3D『ドラえもん』公開20日で興収50億円を突破!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
夏休みが終わってもヒットは続きそう! - 映画『STAND BY ME ドラえもん』 - (C) 2014「STAND BY MEドラえもん」製作委員会

 国民的アニメ「ドラえもん」シリーズ初の3DCGアニメとなる映画『STAND BY ME ドラえもん』の興行収入が50億円を突破した。今月8日の公開以来、全国映画動員ランキングで3週連続トップを獲得。夏休みということもあって好調な興行を展開し、配給元の東宝によると、公開20日間の累計成績は興収50億4,305万8,900円、動員381万7,074人を記録している。

映画『STAND BY ME ドラえもん』フォトギャラリー

 「のび太の結婚前夜」や「さようなら、ドラえもん」といった複数の名作エピソードでつづられた本作は、「泣ける映画」として大人世代から絶大な支持を獲得。夏休み時期ということもあり、親子連れはもちろん、祖父母と孫、友人同士、カップルなど幅広い客層を呼び込み、瞬く間に興収50億円を突破した。この週末で夏休みは終わるが、大人からの支持を背景に、秋になっても動員・興収を伸ばす可能性が高く、さらなる記録が期待される。

[PR]

 本作は、藤子・F・不二雄生誕80年周年記念作品として製作され、映画『ALWAYS』シリーズの山崎貴が、八木竜一と『friends もののけ島のナキ』以来の共同監督を担当。おなじみの声優陣に加え、青年となったのび太の声を、トヨタのCMシリーズでものび太を演じた妻夫木聡が務めている。(数字などは配給発表)(編集部・入倉功一)

映画『STAND BY ME ドラえもん』は全国公開中

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]