衝撃!市川由衣、目隠し&手を縛られ…濡れ場!女優生命を懸けた衝撃映像公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
市川由衣が体当たりの演技に挑んだ映画『海を感じる時』 - (C) 2014『海を感じる時』製作委員会

 市川由衣池松壮亮が体当たりの濡れ場に挑んだことでも話題の映画『海を感じる時』から、市川がSMプレイシーンに挑戦した衝撃の映像が公開された。

映画『海を感じる時』本編映像

 公開された映像は、偶然飲み屋で出会った行きずりの男(三浦誠己)の家に上がった恵美子(市川)が布団に入っているところから始まる。男は突然恵美子の両手をガムテープで縛り出し、恵美子の「どうして? 私そのつもりなのに……どうして縛るの?」という疑問にも答えない。そして男は布団をめくると、白い下着姿の恵美子の体を求めはじめ、さらにネクタイで恵美子の目を隠すというプレイに。恵美子が次第に息を荒くするところで映像は終わるが、女優生命を懸けた市川の体当たりの演技に思わず息をのむ出来になっている。

[PR]

 原作は人気作家・中沢けいが18歳のときに発表した同名小説。高校の先輩・洋(池松)と肉体関係を持った少女・恵美子(市川)が、洋へのいちずな思いに葛藤(かっとう)しながら大人の女性へと成長していくさまを大胆なラブシーンを交えながら描いている。メガホンを取ったのは『blue』などで繊細な女性の心理を描いてきた安藤尋監督。脚本はロマンポルノの名作の数々や『共喰い』などの荒井晴彦が手掛ける。(編集部・吉田唯)

映画『海を感じる時』は9月13日よりテアトル新宿ほか全国公開

» 動画の詳細
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]