井上真央、大河起用ポイントは「妹キャラ」

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
大河ドラマ「花燃ゆ」に主演する井上真央

 女優の井上真央が11日、都内スタジオで行われた2015年のNHK大河ドラマ「花燃ゆ」の取材会に大沢たかお長塚京三檀ふみ原田泰造奥田瑛二久保田磨希と出席し、クランクインした心境を語った。

【写真】大河ドラマ「花燃ゆ」出演者フォトギャラリー

 同作は、幕末の長州藩士・吉田松陰の妹・文(井上)が、激動の長州藩の運命に翻弄されながらも、新しい時代へと松陰の志を引き継いでいくさまを描く歴史ドラマ。

[PR]

 8月5日に山口県萩市でクランクインし、井上は「ロケの前に下見で行ったとき、いろいろなところに『大河ドラマ決定!』という旗が立っていたり、タクシーで運転手のおじさんがわたしと気付かずに『次の大河ドラマは萩で井上真央ちゃんが主演なんだよ』って教えてくれたり、本当に楽しみにしてくれている方がたくさんいました」と大きな期待を実感。

 この日はスタジオで第4話の撮影があり、井上は父・百合之助(長塚)、母・滝(檀)とのにぎやかなやりとりを序盤のポイントに挙げ、「幕末版『男はつらいよ』みたい」と表現。「毎回、父も母も文も、喜んだり悲しんだり、ワーってなったり安心したりしている姿を見て、皆さんもほっこりしてくれたらいいなと思います」と笑顔でアピールした。

 制作統括の土屋勝裕氏は、杉文役に井上を起用した理由について「文さんについていろいろと調べるうちに、杉家の方はやはり頭が良く聡明な女性だったのではということ。あと、家族が落ち込んでいたらそっと寄り添ったり、妹キャラみたいに明るくて、はつらつとしている感じもポイントでした」と二つのイメージにぴったりだったと説明。

 また、歴史的にあまり知られていない文を主人公にした理由の一つに、文が吉田松陰、高杉晋作、久坂玄瑞ら数多くの歴史的人物と接点があったことから「(歴史的に)文さんが全部を見渡せる位置にいることを発見して、主役にしたらいけるんじゃないだろうか」と思ったことを明かした。(中村好伸)

NHK大河ドラマ「花燃ゆ」は2015年1月4日より放送開始

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]