バットマンを主人公にした『LEGO(R)ムービー』のスピンオフが製作へ

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
レゴのバットマンとモーガン・フリーマン - ason Merritt / Getty Images

 バットマンを主人公にした『LEGO(R)ムービー』のスピンオフの製作が、急ピッチで進んでいるらしいとThe Hollywood Reporterが伝えた。

ヒットした映画『LEGO(R)ムービー』場面写真

 公開は2017年予定で、当初2017年5月26日に公開日が設定されていた『LEGO(R)ムービー』続編よりも、先に公開となる模様。そうなると、続編は2018年もしくはそれ以降にずれ込む可能性が高いだろう。

[PR]

 前作にアニメーション共同監督、編集者として参加したクリス・マッケイが、続編の監督に決まっているが、このスピンオフ版の監督を手がけるとのこと。

 『ダーク・シャドウ』や『リンカーン/秘密の書』の脚本家セス・グレアム=スミスが、脚本を担当する予定。『LEGO(R)ムービー』でバットマンの声を演じたウィル・アーネットが、同役の声で続投する。

 LEGOの映画シリーズでは、ニンジャゴーのスピンオフが2016年9月24日に公開初日を控えている。(鯨岡孝子)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]