エドワード・ノートン主演『幻影師アイゼンハイム』テレビドラマ化か

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
テレビドラマ版は20世紀のニューヨークが舞台! - Peter Kramer / Getty Images

 エドワード・ノートン主演の映画『幻影師アイゼンハイム』のテレビ化が企画されているとThe Hollywood Reporterなどが報じた。

【写真】映画『幻影師アイゼンハイム』

 映画版は19世紀末のウィーンが舞台になっている。身分の格差により、一度は恋をあきらめた天才幻影師アイゼンハイムとジェシカ・ビール演じる公爵令嬢ソフィ、そしてソフィの婚約者となったオーストリア皇太子をめぐる殺人、自殺、イリュージョンが描かれた作品。映像の美しさから2006年アカデミー賞撮影賞にノミネートされた映画だ。

[PR]

 テレビドラマ版では20世紀の始まりのニューヨークが舞台になるとのこと。10年の服役を終えた幻影師が家に戻ったところ、自分の妻が犯罪組織のボスと再婚をしていることを知るという。ボスを倒し、妻を取り戻すため犯罪組織に潜入した幻影師は、イリュージョンを使って複雑な強盗を成功させ、組織内を一気に上り詰めて計画を進めていくというストーリーになるらしい。

 脚本を担当するのはテレビドラマ「トゥルーブラッド」「ナース・ジャッキー」のマーク・ハディス、テレビドラマ「アグリー・ベティ」のベン・シルヴァーマン、テレビドラマ「crash クラッシュ」のボブ・ヤーリがエグゼクティブ・プロデューサーを務めるという。(澤田理沙)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]