武藤も感激! ドウェイン・ジョンソンが約12年ぶりに来日!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
約12年ぶりに来日したドウェイン・ジョンソン

 ザ・ロックのリングネームで知られる元プロレスラー・俳優のドウェイン・ジョンソンが19日、TOHOシネマズ六本木ヒルズで行われた主演映画『ヘラクレス』のジャパンプレミアに出席した。ドウェインの来日は12年5か月ぶり。会場に集まった約500人のファンの「ロッキー!」コールに包まれて、ブレット・ラトナー監督、プロデューサーのボー・フリンと共にレッドカーペットに現れると、約10分近く、握手やサインに笑顔で応じた。

武藤も感激! ドウェイン・ジョンソンが 画像ギャラリー

 ハワイ育ちで、タイガーマスクなど、日本のプロレスラーから多くの影響を受けて育ったというドウェイン。レッドカーペットを終え、舞台あいさつに登場すると、「みなさんから感じる多くの愛に感謝しています。“アリガトウゴザイマス” 、“I LOVE YOU”」とコメント。客席からのQ&Aにも気軽に答え、女性からスキンヘッドのお手入れについて質問を受けると、「触ってみたい?」と声をかけて壇上に女性を上げ、頭をさわらせるなど、ご機嫌な様子でファンとの交流を楽しんだ。

[PR]

ご機嫌な様子でファンとの交流を楽しんでいた

 舞台あいさつ途中からは、ドウェインと同じくハワイ出身で、共通の友人もいるというタレントのすみれと、日本のプロレスラーの武藤敬司も登壇。すみれは「ピュアで本当にいい方。ホレちゃいました」とドウェインを前にデレデレ。武藤はドウェインに「これからもプロレスと映画を通じて世界中の人に夢を与えてください。よかったら、ハリウッドに俺のことも売り込んでください」と茶目っ気たっぷりのメッセージ。ドウェインも「このようなレジェンドなムタさんとお会いできて光栄です」と武藤との対面を喜んでいた。

 本作は全能の神ゼウスの息子として生まれたヘラクレス(ドウェイン)が、恐ろしい魔物たちと壮絶な戦いを繰り広げ、神話に名高い「12の難業」を成し遂げた後の死闘を描く作品。ドウェインは20日まで日本に滞在する。(取材・文:名鹿祥史)

映画『ヘラクレス』は10月24日よりTOHOシネマズ日劇ほかにて全国公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]