X-MEN総選挙1位は『ファースト・ジェネレーション』!『フューチャー&パスト』と2本立てで再上映決定

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
やっぱりコレでしょ! - 1位に輝いた『X-MEN:ファースト・ジェネレーション』 - (C) 2014 Twentieth Century Fox Home Entertainment LLC. All Rights Reserved.

 『X-MEN』シリーズの中からファン投票でナンバーワン作品を決める“X-MEN総選挙”の結果が発表され、合計1,000票を超える投票の結果『X-MEN:ファースト・ジェネレーション』(2011)が栄えある1位に輝いた。“X-MEN総選挙”は今年5月に公開された『X-MEN:フューチャー&パスト』のブルーレイ&DVDリリースを記念して行われたもので、1位の『ファースト・ジェネレーション』は『フューチャー&パスト』と2本立てで10月31日にTOHOシネマズ日本橋で特別上映される。

『X-MEN:フューチャー&パスト』フォトギャラリー

 『ファースト・ジェネレーション』は、主要X-MENメンバーたちの若かりしころを描いたシリーズの前日譚(たん)。二つの時代を舞台に新旧X-MENメンバーが総出演する『フューチャー&パスト』はその直接の続編であり、今回の『ファースト・ジェネレーション』『フューチャー&パスト』という2本立てはベストな結果といえそうだ。この1夜限りの上映会ではマグニートーのヘルメット(レプリカ)やX-JET(模型)など豪華景品が当たる抽選会も実施される予定で、ファンには見逃せない機会となっている。当日のチケットは2日前よりTOHOシネマズ日本橋で予約・購入可能だ。(編集部・市川遥)

[PR]

映画『X-MEN:フューチャー&パスト』ブルーレイ&DVDは11月5日発売

“X-MEN総選挙”の結果は以下の通り。
1位『X-MEN:ファースト・ジェネレーション』(2011年、マシュー・ヴォーン監督)
2位『X-MEN:フューチャー&パスト』(2014年、ブライアン・シンガー監督)
3位『X-MEN2』(2003年、ブライアン・シンガー監督)
4位『ウルヴァリン:X-MEN ZERO』(2009年、ギャヴィン・フッド監督)
5位『X-MEN:ファイナル ディシジョン』(2006年、ブレット・ラトナー監督)
6位『ウルヴァリン:SAMURAI』(2013年、ジェームズ・マンゴールド監督)
7位『X-MEN』(2000年、ブライアン・シンガー監督)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]