「ハウス・オブ・カード」ナンシー役女優、死去

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

 テレビドラマ「ハウス・オブ・カード 野望の階段」でケヴィン・スペイシー演じる政治家の秘書ナンシーを演じていた女優のエリザベス・ノーメントさんが亡くなった。61歳だった。

 The Hollywood Reporterによると、エリザベスさんは10月13日にニューヨークにある、がんセンターで亡くなったとのこと。死因は報じられていない。

 共演者のケヴィンは、「エリザベス・ノーメント、安らかに。番組の誰からも愛された人で、『ハウス・オブ・カード』の現場には大きな穴が残された」とツイートしている。エグゼクティブ・プロデューサーの一人、ボー・ウィリモンも、「番組一同、エリザベスが亡くなったことを悲しんでいます。才能のある女優で、温かい魂を持った、みんなの友達でした」と声明を出している。

 エリザベスさんは、テレビドラマ「LAW & ORDER ロー&オーダー」「サンフランシスコの空の下」、ミニシリーズ「ポリティカル・アニマルズ」などにゲスト出演したこともある。(澤田理沙)

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]