シネマトゥデイ

カラテカ・矢部太郎、ミスキャストと監督に言われる

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
監督にミスキャストと言われたカラテカ・矢部太郎

 お笑いコンビ・カラテカ矢部太郎が30日、映画『グレイトフルデッド』舞台あいさつに登場し、本作で殺人鬼を演じることになったものの、内田英治監督から「矢部君はミスキャストだと思っている」と言われたことを明かし、会場を沸かせた。この日は矢部のほか、瀧内公美笹野高史木下ほうか、内田監督、主題歌を歌うHeartbeatも出席した。

カラテカ・矢部太郎、まさかの殺人鬼役!フォトギャラリー

 本作は、孤独な人間を観察することが趣味の孤独ウォッチャー・冴島ナミ(瀧内)と、家族と疎遠になり寂しい生活を送る頑固じいさん・塩見三十郎(笹野)が織りなすブラックコメディー。孤独死寸前だった塩見が信仰によって生きる希望を見いだしたとき、ナミの怒りが爆発するさまを描く。

[PR]

 冷徹な殺人鬼・村佐古を演じる矢部は、プロデューサーも兼任している木下からオファーされたことを明かすと、「脚本がすごく面白くて、すぐに読んで返事をしたんですが、返事が早すぎて『おまえ読んでないやろ』と言われた」と当時を振り返りつつ、「僕のイメージと全く違う役をやらせてもらえてうれしいです」と満面の笑み。しかし、オファーを出した理由は「近所に住んでいるから」という理由だけだそうで、木下は「よく留守番してもらっていたので、お礼の意味で出てもらった」と淡々と語り、観客を笑わせていた。

 さらに、内田監督からも「矢部君はミスキャストだと思っているけど、なんかの間違いで上手くいくみたいになったらいいな」と言われたと訴える矢部。ところが、そんな矢部の演技は、木下から「これで相当仕事増えますよ」とお墨付きをもらうほどで、内田監督も「最初の芝居を見たときは『しく(じ)ったな』と思ったけど、直してくださいと言うと変わってきたのでびっくりしました」と絶賛。矢部も「潜在的な能力があるってことですね」と俳優業に自信をのぞかせていた。(取材・文:鶴見菜美子)

映画『グレイトフルデッド』は11月1日より全国公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]