新垣結衣の方言にキュン!『くちびるに歌を』初の教師姿が映像で!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
方言にキュン!初の教師役に挑んだ新垣結衣 - (C) 2015『くちびるに歌を』製作委員会 (C) 2011 中田永一/小学館

 新垣結衣主演の映画『くちびるに歌を』から新映像が公開され、自身初となる新垣の教師姿や、新垣が方言を披露するシーンなどが明らかになった。

【動画】『くちびるに歌を』特報

 本作は、2008年のNHK全国学校音楽コンクール課題曲「手紙 ~拝啓 十五の君へ~」の作者であるアンジェラ・アキが、全国の中学生と直接対話する姿を映したテレビドキュメンタリーを基に書き下ろされた、中田永一の同名小説を原作にした感動作。長崎県の中学校を舞台に、新垣演じる天才ピアニストだったとうわさされる音楽の臨時教師・柏木が合唱部の顧問となり、生徒たちが書いた「15年後の自分」への手紙をきっかけに、心を通わせていくさまを描いている。

[PR]

 メガホンを取ったのは『ホットロード』『アオハライド』など青春映画に定評のある三木孝浩監督。木村文乃桐谷健太石田ひかりら実力派俳優陣のほか、オーディションなどで選ばれた中学生役のフレッシュな面々が脇を固める。長崎で撮影された美しい景色や、特訓を重ねたという新垣のピアノ演奏も魅力的な一本になっている。

 公開された新映像は、教師役の新垣が生徒たちに向かって「柏木です。適当によろしく」と無愛想にあいさつする場面からスタート。本作の主題歌「手紙 ~拝啓 十五の君へ~」のやわらかな音色に乗せて、生徒たちの生き生きとした合唱シーンや、新垣と生徒たちが次第に打ち解けていく様子が映し出されている。また、「逃げるな!……あんたは一人じゃなか」と新垣が放つ方言にキュンとさせられる場面も。初の教師役で見せた、生徒を見守る優しい新垣の表情に視線が集まりそうだ。(編集部・吉田唯)

映画『くちびるに歌を』は2015年2月28日より全国公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]