斎藤工が「感情先行型」の歌声を披露!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
「感情先行型」の歌声は必聴! - 斎藤工

 21日、映画『西遊記~はじまりのはじまり~』初日舞台あいさつが都内で行われ、日本語吹き替え声優を務めた斎藤工貫地谷しほりが登壇した。貫地谷が、劇中での歌唱シーンは羞恥心との闘いだったことを明かすと、斎藤も自身について「自尊心と羞恥心の塊」と分析し、演技として歌うことの難しさを吐露。さらに自身の歌い方を「感情先行型」と評し、笑いを誘った。

映画『西遊記~はじまりのはじまり~』フォトギャラリー

 チャウ・シンチー監督が6年ぶりにメガホンをとった本作は、おなじみの「西遊記」を題材に、三蔵法師、孫悟空、沙悟浄、猪八戒の4人が出会う前のオリジナルストーリーを、妖怪バトルアクション、ギャグ、感動、涙とてんこ盛りで描いたエンターテインメント作。

[PR]

 本作の日本語吹き替え版で、斎藤は主人公で妖怪ハンターの玄奘(ウェン・ジャン)を、貫地谷は女妖怪ハンターの段(スー・チー)を演じており、共に映画の吹き替えは初めてだという。初期段階でアフレコに挑んだ斎藤は、ほかのキャストの声が入っていなかったそうで、「ソロ感がすごかった。貫地谷さんがこの声をやって、山寺(宏一)さんが……とイマジネーションを楽しみながら、寂しさを埋めていました」と述懐。一方、貫地谷がアフレコする際には、ほかのキャストの声も入っていたそうで「すごくやりやすかったです」と笑顔を見せた。

 そんな二人は劇中、美声を披露しており、貫地谷は「お仕事で歌うという経験がなかったもので、歌を歌うという羞恥心を乗り越えることが大変だった」と苦労を吐露。さらに、「斎藤さんは1時間くらいで乗り越えたみたいで素晴らしい」と絶賛するも、当の本人は「(僕は)羞恥心と自尊心の塊ですよ」と淡々と否定し、羞恥心を乗り越えた貫地谷の歌声を「すっごく上手い」と称賛した。また、自身の歌い方については「感情先行型」と評し、「あのシーンはすごく笑えます」と渾身の出来をアピールした。(取材・文:鶴見菜美子)

映画『西遊記~はじまりのはじまり~』は公開中

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]