『寄生獣』染谷将太“ミギーロス”告白!グッズを大人買い

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
深津絵里、染谷将太、橋本愛

 映画『寄生獣』の初日舞台あいさつが29日、TOHOシネマズ スカラ座で行われ、染谷将太深津絵里橋本愛東出昌大余貴美子山崎貴監督らが出席した。

『寄生獣』キャストが集結!フォトギャラリー

 1990年代に一世を風靡(ふうび)した岩明均の人気コミックを実写化した本作。満員の観客を目の当たりにした山崎監督は「今日は劇場にどれくらいお客さんが入っているのか心配だった。昨日の夜はネットでいろいろな劇場の座席表を見たりして、まずいなと思いながらも朝の5時くらいまでずっと見ていた。今が一番眠いです」と語る。

[PR]

山崎貴監督と『寄生獣』キャストたち

 一方、主演の染谷は「本当に長い戦いだったので、今日は幸せ」と笑顔。右手に寄生したミギーを想像しながら、5か月以上にわたって一人芝居を続けてきたこともあって、「撮影が終わった途端にミギーロスになった。ミギーってかわいいじゃないですか。ネットにミギーグッズ大人買いセットがあったんで、おもちゃを買い占めちゃいました。映画の主演もやったんだからもらえよと思いましたけど、お願いするよりもクリックを選びました」と明かしていた。

 そんな染谷の母親役を務めた余は「染谷君とは親子の役は2度目。とても小さい頃にご一緒しましたけど、今回も相変わらず不敵な笑みを浮かべていてね」と切り出すと、「あちらの東出さんや橋本さんも、(以前)わたしの子供として共演しましたけど、3人とも何を考えているかわからない。だからキャストの名前を見て、ちょっと人間離れしたところがパラサイトにぴったりと思った」と冗談交じりにコメント。さらに「橋本さん(の演じる村野里美)はパラサイトじゃない」という周りからのツッコみに笑いつつ、「わたしもパラサイト人生が長かった。たにしのように人についていきましたから」と付け加えると、会場は笑いに包まれた。

 後編となる『寄生獣 完結編』は来年4月公開予定。「CGは何もできていない。『完結編』の予告編に映像が入っていましたけど、(完成しているのは)あれだけ」と暴露した山崎監督は、「監督、楽しみにしていますね」と呼び掛ける染谷を筆頭に、出演者、司会者、そして観客などからの「早く続編を観たい」というプレッシャーを全身に感じたのか、苦笑いを浮かべつつ、「楽しみにしてください」と気合を入れ直していた。(取材・文:壬生智裕)

映画『寄生獣』は全国公開中

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]