淀川長治さんCGでよみがえる 生前の声でHuluテレビCM出演

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
淀川長治さんの解説再び!-提供画像

 映画評論家でテレビ朝日系映画番組「日曜洋画劇場」の解説で知られた故・淀川長治さんの姿をCGと生前の生声で再現した、動画配信サービスHuluのテレビCMが今月16日よりオンエアされる。

 約420分に及ぶ淀川さんの音声データをつなぎ合わせ、あの独特の語りを再現。映画解説における視点や、解説の際によく使われた言葉、言い回しなどを研究し、徹底的に“淀川さんらしさ”が追求された。長年、その解説に慣れ親しんできた映画ファンにとって、懐かしい響きを耳にできる良い機会となりそうだ。

 制作されたCMは、「淀川長治 登場篇」「淀川長治 ミュージカル篇」「淀川長治 家族団らん篇」「淀川長治 CG篇」「淀川長治 バック・トゥ・ザ・フューチャー篇」の5本。どのバージョンにも『E.T.』『バック・トゥ・ザ・フューチャー』『ジュラシック・パーク』など名作映画のワンシーンが使用されており、生前の表情や動作の特徴を捉えたCGと共に、映画の素晴らしさを再確認できる映像になっている。

 Huluはおよそ1万5,000本の映画・ドラマをコンテンツに持つオンライン動画配信サービス。インターネットに接続したテレビ、パソコン、スマートフォン、タブレット、ゲーム機があれば、月額933円(税抜き)で、全作品が視聴可能となっている。今回のCMに登場する映画も、全てHuluにて配信中または近日配信開始予定。(編集部・入倉功一)

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]