尾野真千子、主演ドラマで不器用な昆虫博士に!音楽は曽我部恵一!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
「十月十日の進化論」は2015年3月にWOWOWで放送予定

 女優の尾野真千子が来年3月放送予定のドラマ「十月十日の進化論」(WOWOW)で主演を務め、マイペースで不器用な昆虫博士・小林鈴を演じることが明らかになった。

 第7回WOWOWシナリオ大賞受賞作をドラマ化した本作。研究分野の狭さと奔放な性格のため大学を解雇された鈴は、酔った勢いで昔の恋人・安藤武と一夜をともにし、妊娠してしまう。妊娠した事実を武に打ち明けられない鈴であったが、「人間は胎児の間の十月十日で生命30数億年の進化を再現する」という神秘を書物で読み、子供を産む決意を固める。母の猛反対を受けながらも意固地になる鈴には、ある秘められた過去があった……。

 メガホンを取るのは『箱入り息子の恋』などの市井昌秀監督で、テレビドラマ初監督に挑む。共演には元恋人役の田中圭のほか、でんでんりりィ佐々木すみ江斉木しげる佐藤仁美嶋田久作志賀廣太郎らバラエティー豊かな顔ぶれがそろった。

[PR]

 子供の頃、虫が大好きだったと明かした主演の尾野。「なかなかできない体験ができたので、楽しかったです。虫をさわったり、いろんなことを虫の生態に例えたり、子供の頃以来虫と触れ合う機会がなかったので」と幼少期を懐かしみ、「人は結局一人では生きられない。一人では何もできないんですよね」と前置きした上で、本作は主人公が「いろんなことに支えられている、生かされているということに気づかされる物語」であるとアピールした。

 音楽を手掛けるのは曽我部恵一は、「だれもが経験する大人への階段における物語だと思います。特別な青春物語になるよう、音を作りたいと思います」とコメントしている。また、新進気鋭の映像作家・加藤隆が、生き物の進化過程を想像するシーンをアニメーションで表現するほか、自然案内の専門家“プロ・ナチュラリスト”の佐々木洋が昆虫監修を務めるなど、細部までこだわり抜かれた作品になっている。(編集部・吉田唯)

ドラマ「十月十日の進化論」は2015年3月にWOWOWで放送予定

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]