『ロード・オブ・ザ・リング』への出演チャンスを断っていたカリスマ料理人のジェイミー・オリヴァー

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
カリスマ料理人のジェイミー・オリヴァー - Peter Kramer / NBC / NBC NewsWire via Getty Images

 イギリスのカリスマ料理人のジェイミー・オリヴァーが、ピーター・ジャクソン監督の映画『ロード・オブ・ザ・リング』の最終章、『ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還』へのカメオ出演のチャンスを断っていたと、BBC Newsの取材で明かした。

 2001年、オリヴァーは、ニュージーランドで開かれるジャクソン監督の50歳の誕生日会で料理を担当してくれないか、とのオファーを受けたとのこと。さらに、そのオファーを持ちかけてきたエグゼクティブプロデューサーは、もし引き受けてくれたら、飛行機をすぐに手配するし、『ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還』に出演できると話したそう。しかし、残念ながら、すでに関わっていた仕事があり、オファーを受けられなかったとのこと。

 オリヴァーは、「残念ながら、抜けられない仕事があった。ものすごくやりたい話だった。しかも、僕ならきっとうまく映画にはまったに違いない」とコメントしている。(鯨岡孝子)

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]