故ホイットニー・ヒューストンさんを描いたテレビ映画が450万人の視聴者を獲得!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
多くの人に愛され続けている故ホイットニー・ヒューストンさん - Lester Cohen / WireImage / Getty Images

 2012年に亡くなった歌手ホイットニー・ヒューストンさんを描いたテレビ映画「ホイットニー(原題) / Whitney」が、450万人の視聴者を獲得していたことがDeadlineや複数のメディアによって明らかになった。

ホイットニーさん主演『天使の贈りもの』フォトギャラリー

 同作は、アメリカのケーブルチャンネル、Lifetimeで1月17日(現地時間)に放送され、昨年同チャンネルで放送された「フラワーズ・イン・ジ・アティック(原題) / Flowers in the Attic」以来の高い数値を記録したようだ。この日、同番組の他にホイットニーさんのための番組が組まれ、「ボビー・ブラウン:リメンバリング・ホイットニー(原題) / Bobby Brwon: Remembering Whitney」が410万人、音楽プロデューサーのクライヴ・デイヴィズが司会を務めた「ホイットニー・ヒューストン・ライヴ:ハー・グレーテスト・パフォーマンス(原題) / Whitney Houston Live: Her Greatest Performance」が320万人の視聴者を獲得し、延べ1,180万人がホイットニーさんを題材にした番組を鑑賞したようだ。

 ちなみに本作でホイットニーさんを演じたのは、リアリティー番組「アメリカズ・ネクスト・トップ・モデル」の元出演者ヤヤ・ダコスタで、映画『ため息つかせて』でホイットニーさんと共演した女優アンジェラ・バセットがメガホンを取った。ホイットニーさんの死から3年近くたつが、まだまだ人々の間で関心が高いようだ。 (細木信宏/Nobuhiro Hosoki)

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]