「アオイホノオ」島本和彦、文化庁メディア芸術祭受賞に喜び

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
文化庁メディア芸術祭を受賞した島本和彦

 人気学園漫画「アオイホノオ」で第18回文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞を受賞した漫画家の島本和彦が3日、国立新美術館で行われた同芸術祭の報道関係者向け内覧会に出席。「デビューするときに新人賞をもらって以来の(賞の)受賞。うれしい!」と受賞の喜びを語った。

 「アオイホノオ」は昨年、柳楽優弥主演でドラマ化もされた島本の自伝的作品。1980年代を舞台に芸大生の主人公が漫画家デビューに闘志を燃やす姿を描いた青春コメディーで、主人公のライバル役で庵野秀明が登場するなど、実在のクリエイターらが多数実名で登場したことでも話題となった。

 受賞について聞かれた島本は「自分の力でもらった気がしない。(庵野ら実名登場の友人たちに)賞を取らせてくれてありがとう」とにっこり。これまで賞とは縁遠かったといい、「『この際、無冠でいいや、ちくしょう! なぜ自分にだけまわってこない!』と思っていたので正直うれしい」と感無量の様子を見せた。

[PR]

 作品については「今までマンガを描くときには必ずテーマがあって、主人公が勝利をして、読者に何かしらを与えるということを目指していたんですけど、この作品は今までの自分の作品とは反対のもの、売れないようにやろうって担当編集者と考え、描き始めた純文学的作品」と語り、「(受賞は)意外ですね。ありがたい」としみじみ。

 ドラマ版についても「素晴らしかったです。100点以上」とお気に入りのよう。庵野らのキャラクター像についてはデフォルメはさほどないといい、「あんなもんですよ。あれ以上にすごいかもしれない」と話していた。

 島本はまた、1995年ごろより本名の手塚秀彦名義でTSUTAYAのフランチャイズ店の運営会社副社長を務めるなど、副業でも忙しくしていることを告白。「マンガを描いている方が楽」と笑顔を浮かべていた。(取材・文:名鹿祥史)

第18回文化庁メディア芸術祭受賞作品展は2月4日~2月15日、国立新美術館を中心に開催

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]