蒼井優&鈴木杏、11年ぶり『花とアリス』に感激

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
蒼井優&鈴木杏続投で、11年ぶりに『花とアリス』の新たなストーリーが誕生!

 女優の鈴木杏蒼井優が10日、都内で行われた映画『花とアリス殺人事件』完成披露上映会に岩井俊二監督と共に出席した。実写版『花とアリス』(2004)でハナとアリスを演じ、今回も声優として同役に息吹を吹き込んだ鈴木と蒼井が、作品に対する熱い思いを語った。

蒼井優&鈴木杏『花とアリス』コンビが再び!フォトギャラリー

 本作は、岩井監督が、鈴木と蒼井が演じた等身大の女子高生の姿が共感を呼んだ『花とアリス』を、自らの手で初の長編アニメーション作品として作り上げた少女たちの物語。史上最強の転校生・アリス(声:蒼井)と、史上最強の引きこもり・ハナ(声:鈴木)の出会いのエピソードを描く。ほかの声優には、相田翔子平泉成キムラ緑子木村多江らオリジナルキャストが集結。さらに、初参加組には勝地涼黒木華鈴木蘭々といった豪華俳優陣が名を連ねている。

[PR]

 実写版の共演から11年。当時を振り返った蒼井は「杏とは二つ違いで、当時同じ高校に通っていて、一緒の時間が多かった。また青春を感じさせていただいた岩井さんに感謝です」と語り、「杏のいない人生は考えられない」と今も深い絆で結ばれていることを告白。また、『花とアリス』という作品は、「自分の中で消えることのない存在」であることを改めて実感したと明かした。

 一方、鈴木も「憧れの現場でした。あの場所から発見したことがたくさんある」と当時を振り返る。そして今、岩井監督と三人で並んで舞台あいさつしていることに「夢のよう」と感激しきりの様子。自身初の長編アニメーションを手掛けた岩井監督は、「10年かかって本を書いて、撮影に1年。感無量。自分らしいアニメにやっとたどり着いた。すがすがしい風を感じてもらえれば……」としみじみ語った。(福住佐知子)

映画『花とアリス殺人事件』は2月20日より新宿バルト9ほか全国公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]