高良健吾、初々しい迷司会ぶりに会場は大爆笑!-ブルーリボン賞

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
初々しい司会で会場を沸かせた高良健吾と貫地谷しほり

 俳優の高良健吾が12日、都内で行われた第57回ブルーリボン賞授賞式の司会を女優の貫地谷しほりと共に務めた。慣れない司会業に悪戦苦闘といった様子の高良は、憎めない迷司会ぶりで会場を沸かせ、式終了後は「無事終わりました。会場の空気をぶち壊していないか心配です」とホッとした表情を見せた。

浅野忠信、男泣き…ブルーリボン賞フォトギャラリー

 前年の主演男優賞と女優賞の受賞者が司会を務めることが恒例となっているブルーリボン賞。前年、主演男優賞を受賞した高良は「このような舞台で司会を務めるのは全く初めてで、緊張しております。どうなるか心配です」と切り出すと、「貫地谷さんは僕より堂々としている感じですね」と恨めし気。当の貫地谷は「去年、受賞が決まったときから(司会も)できるんじゃないかなと思っていました。楽しくやっていけたら」と余裕の表情だった。

[PR]

 受賞者が次々に登壇する中、映画『紙の月』で助演女優賞を受賞した小林聡美と話がかみ合わずしどろもどろになる高良を、小林が「わたし、そろそろ下がりますか?」と気遣う一幕も。また、『紙の月』『海を感じる時』『ぼくたちの家族』で助演男優賞を受賞した池松壮亮が登壇した際には、『紙の月』における池松の濡れ場に言及。「(濡れ場に慣れて)今は前張りを、目を閉じていてもつけられるようになったとお聞きしたんですが」と珍質問で池松を困らせていた。

 さらに、『私の男』で主演男優賞を受賞した浅野忠信が涙ぐんだ場面では、会場がしんとする中、「浅野さんは中学のときから僕のヒーロー。2度、共演させてもらっているんですが、毎回いじめられました」と突然の暴露で浅野を笑わせるなど、授賞式の主役の一人として大活躍だった。(取材・文:名鹿祥史)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]