榮倉奈々“特製足チョコ”に「シュールですね」とポツリ

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
(左から)向井理、榮倉奈々、豊川悦司

 映画『娚の一生』の初日舞台あいさつが14日、新宿ピカデリーにて行われ、榮倉奈々豊川悦司向井理JUJU廣木隆一監督らが登壇。この日は本作の海外進出が決まったことが発表されたほか、バレンタインにちなんで“特製足チョコ”がお披露目された。

【他の写真を見る】シュールすぎる“足チョコ”…

 西炯子の人気コミックを映画化した本作は、不毛な恋に疲れきった元キャリアOLの堂薗つぐみ(榮倉)と、52歳で独身の大学教授・海江田醇(豊川)が紡ぐ大人のラブストーリー。ずっと一人だと思っていた二人がひょんなことから田舎の一軒家で共同生活を始め、次第に心を通い合わせていく姿が、艶めかしいラブシーンを交えて描かれており、中でも、豊川が榮倉の足にキスをするシーンに話題が集まっている。

[PR]

 本作は、カナダとニューヨークの映画祭での上映のほか、台湾での公開が決定。日本での映画評も非常に良く、「廣木作品の中でも最高の達成となった」「榮倉が大人の女優に脱皮した」「豊川悦司が全編をぐいぐいけん引する」と評価されていることが告げられると、豊川が失笑する場面も見られたが、廣木監督は「(みんな)足キス好きなんですかね……?」とジョークを交えつつ、「海外でも感動してもらえるとうれしいです」と喜びを表した。

 この日は、JUJUが本作の主題歌「Hold me, Hold you」をアコースティック・バージョンで披露。JUJUは、最初に本楽曲を歌ったときのことを、「今までしんどいこともいっぱいあっただろうけど、きっとこの女の人は幸せになるんだな。全ていい風に吹っ切った女性なんだなと清々しい気持ちで歌わせてもらいました」と述懐。JUJUの歌唱中、ステージ横では榮倉らが足でリズムを刻みながら聴き入っており、歌い終わると、「きれいな声で本当にすてきです」(榮倉)、「エンディングとは全然違うバージョンで味があってすてき」(向井)と感動の面持ち。豊川は「素晴らしくて、惚れてまうやろ!」と感動をぶつけた。

 また、バレンタインにちなみ、“特製足チョコ”もサプライス登場。膝下からつま先までをかたどったチョコレートに、榮倉は「シュールですね」と思わずポツリ。豊川は「すごくキレイな足ですね」と大人の対応を見せ、会場を笑いに包んだ。(取材・文:鶴見菜美子)

映画『娚の一生』は全国公開中

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]